その他症状

肘の痛み

タイトル下アイコン

まず肘の痛みで最も多いのは、肘の使いすぎによる痛みで、「外側上顆炎」「内側上顆炎」「

肘頭窩炎」「上腕三頭筋腱炎」「肘頭滑液包炎」「肘の関節ネズミ」などがあります。

 

肘の外側が痛くなる外側上顆炎。これは手首を返す動作のしすぎで筋肉の付着部が炎症を起こし腫れたり痛みがでます。テニスをする人に多いことから「テニス肘」と言われていますが、テニスしてない人にも非常に多い疾患です。

肘の内側が痛くなる内側上顆炎は「ゴルフ肘」と呼ばれ、手首を曲げる動作の繰すことによって発症します。

肘を伸ばした時に、肘の裏の骨の出っ張りが痛くなる肘頭窩炎、上腕三頭筋腱炎は判別が難しいですが、肘頭窩炎は肘を伸ばしきった時のみ痛みが出ます。

肘頭滑液包炎は、肘の先端がぶよぶよと晴れ上がります。

肘の関節ねずみは、野球選手に多い肘の疾患で、関節内の軟骨が剥がれ落ち、関節の中を動き回ります。この時に関節内で軟骨が挟まったりすると肘がロックされたような動きの制限を伴ったり、神経にさわることによって痛みが発生します。野球選手には内側上顆炎もよく発症するので、野球をしていて肘が痛い場合は注意が必要です。

 

そのほかの肘の症状では、肘部管症候群といって、肘の筋肉の使いすぎにより神経を締め付けてしびれを発症するのでものもあります。

その場合、肘そのものが原因か、首からくる神経が原因か、脳梗塞などの重病でないかなど鑑別が大切になります。

 

その他、子供の腕を引いた際に脱臼する「肘内障」もよくあります。子供は骨が発育段階で、肘は非常に抜けやすくなっています。しかし比較的簡単に整復できるので、すぐ来院して整復しましょう。

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー