その他症状

頭の痛み

タイトル下アイコン

頭痛の基礎知識

頭痛には、片頭痛・群発型頭痛・緊張型頭痛など頭痛そのものが原因の一次性頭痛。脳腫瘍や脳出血など別の病気にともない頭痛が出現する二次性頭痛の2種類があります。

約90%は一次性頭痛、残りの10%は二次性頭痛と言われています。二次性頭痛は生死に直結するため速やかに医師による診療が必要になります。

一次性頭痛の種類と特徴

一次性頭痛の鑑別には痛みの頻度と種類を知ることが大切です。痛みの頻度に関しては、毎日〜週に2、3回出現する頭痛は緊張性頭痛、月に1、2回から数ヶ月に1回の頭痛は片頭痛、ある時期に集中して起こる群発性頭痛に分類されます。

痛みの特徴としては、肩こりをともない重く締め付けられる痛みが緊張型頭痛。頭痛がおこる前兆(閃輝暗点)があったり、吐き気を伴う、拍動性でズキズキした痛みが片頭痛。眼の奥がえぐられるような激しい頭痛と、流涙・鼻づまり・瞼が下がるなどの特徴を伴う群発性頭痛と言われています。

二次性頭痛の種類と特徴

二次性頭痛は一次性頭痛以外の頭痛を指します。原因には顎関節症・頚椎症に伴うもの、脳疾患に関連した頭痛などです。特に脳疾患に関連する頭痛では生死に直結し、以下の症状があれば速やかに医師に相談してください。

⑴頭痛以外の全身症状

⑵頭痛の頻度や間隔、さらには痛みの種類が変化をするもの

⑶突然の激しい頭痛が起こったもの

頭痛を発症する疾患

整形外科領域:頚椎症など

内科領域:高血圧

脳外科領域:片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛、脳卒中(脳出血、脳梗塞)脳腫瘍、頭蓋内腫瘤(慢性硬膜下血腫、クモ膜下出血、髄膜炎、側頭動脈炎、転換

感覚器領域:緑内障、副鼻腔炎

その他:帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、顎関節症、うつ病、てんかん

 

 

 

緊張型頭痛

日本人に最も多く見られる頭痛で、男性よりも女性の方がやや多い症状です。症状は頭全体をギューっと締め付けられるような痛みや、肩や頭に重たい石を乗せられているような感覚が30分から数日で続きます。頭や首、肩の筋肉が収縮することで緊張が強くなって痛みを引き起こしていると考えられています。頭の付け根や、肩の筋肉をほぐすことで改善するケースがほとんどです。

 

片頭痛

日本人に2番目に多く、発生頻度が高い頭痛です。症状はズキンズキンと脈を打つような痛み、眼の奥や頭を締め付けられるような感覚が数時間から数日続くこともあります。前兆として、対象が光って見えたり、頭の中でギザギザ模様が見える閃輝暗点が現れるケースが多いです。さらに、片頭痛持ちの人は前兆よりも前に予兆と呼ばれる、なんとなく気分が落ち込む、食欲がなくなる、頭が痛くなりそうな予感を感じたりします。治療法は緊張型頭痛と同じで首や肩周りの筋肉、さらに顎やコメカミの筋肉をほぐすことで改善しますが、血流が促進されることで悪化することもあります。症状が治まっている時など、普段のストレッチやマッサージをすることが予防になります。

 

群発性頭痛

日本人に3番目に多い頭痛で、男性に多く、女性にはほとんど見られない症状です。1年のうち1〜2ヶ月の間、毎日決まった時間に頭痛が出て、激痛のため発作中は七転八倒の苦しみを味わいます。発作は一回に数分から数時間で治まりますが、群発地震のようにまとまって頭痛がおこるためにこのように呼ばれています。痛みのある期間の整体施術はあまり効果が見られません。

 

 

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー