その他症状

下腿の痛み

タイトル下アイコン

下肢の痛みは、打撲や骨折なども頻発しますが、それ以外で、スポーツやよく歩く人にはシンスプリントと言ってスネの痛む症状や、坂道やボールを蹴る動作などで起こるコンパートメント症候群がよく診られます。

シンスプリントは疲労骨折の手前の症状で、あまり我慢して運動を続けるとそのまま疲労骨折を起こしてしまいます。

コンパートメント症候群はスネの前の筋肉がパンパンにの張る症状ですが、スネの打撲や、スキー靴の圧迫で急激に悪化する事があるので注意が必要です。

その他フクラハギの筋肉の付け根の腱やアキレス腱もよく炎症を起こします。

腱の痛みの特徴としては、朝痛くて、動いていると緩和し、スポーツなどでさらに動くと悪化する特徴があります。

そのほか腰から来る神経の痛みでも下肢に痛みや痺れを伴います。

間欠性跛行と言って、歩くと痛みが増し、休むと治り、また歩き出すと痛む場合は脊柱管狭窄症状や深部静脈血栓が疑われます。

深部静脈血栓の場合、筋肉の熱感などを感じ、狭窄症は腰痛があります。

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー