ブログ

出石町、整形外科で椎間板ヘルニアと診断された脚の痺れの症例

タイトル下アイコン

こんにちは院長の浜上です

今回は、いつもなら数ヶ月続く大腿部の痺れが1回の施術で改善した症例をご紹介します。

脚の痺れ「坐骨神経痛」と「大腿神経痛」の違い

股関節の前面(鼠径部)から内モモにかけて痛みと痺れを訴える患者さんが来院されました。

お話を聞くと、毎年冬の寒い時期になると腰痛を発症し、大腿部や脇腹などに痛みが広がってくるそうです。

今回は鼠径部が特に痛いとのことでした。

過去、整形外科などでレントゲンやMRIをうけ「椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛」と診断を受けたそうです。

通常、坐骨神経痛はお尻や太ももの後ろ側に痺れや痛みが出ます、しかしこの症状は大腿部の前面や内ももに症状が出ています。

主訴を伺った限りでは「坐骨神経痛」ではなく「大腿神経痛」ではないか?と考えました。

そこで、まずは痛みが強い鼠径部の大腿神経を触診して見ることにしました。

大腿神経の部分を押さえると症状の再現が見られたので、大腿神経痛からくる痛みとして治療を進めることにしました。

大腿神経が圧迫を受ける鼠径部の筋肉や血管を、神経から引き剥がすように治療をします。

上の画像を見てもらうと分かるように、この辺りは神経や血管・リンパなど押さえすぎると危険な箇所なので、かなり繊細な治療が必要になります。

患者さんの表情を確認しながら、また強い痛みを出さないように細心の注意を払いながら施術をおこないました。

治療後は圧痛も、動いた時の痛みなどもかなり軽減したとのこ。

いつもなら暖かい季節になるまで、数ヶ月かかる痛みですが、おそらく数回で完全に取れると予想しています。

痛みが出ても、ほっておけば治ることはありますが、自然に治るのを待つよりもなるべく早く治療を受けてもらう方が簡単に改善します。

そして痛みの原因を特定して解決しておくと再発するリスクを減らすこともできます。

痛みを我慢したくない方は、いつでもご相談ください。

当院の詳しい案内はこちらから

↓↓↓

姿勢から根本改善を目指すならこちら

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー