ブログ

豊岡市で「椎間板ヘルニアの疑い」と診断されたら、はまがみ整骨院にお任せください

タイトル下アイコン

背骨の間が狭くなっていると診断されたら

こんにちは、院長の浜上です。

腰痛で整形外科や病院でレントゲン検査をうけた際に、

「背骨と背骨の隙間が狭くなっています」

このような診断を受けたことありませんか?

今回は、背骨と背骨の間が狭いのはどう言った状態なのか?どうすれば改善するのか?について解説していきます。

背骨と背骨の間が狭いと何がいけないの?

背骨の隙間が狭くなっているとはどういう状態かというと、背骨と背骨の間には椎間板というクッションがあります。

この椎間板のクッションのおかげで背骨は、背骨の中を通る大切な神経を守りながら、柔軟に動くことができるのです。

画像のように、レントゲンでは骨だけが写って椎間板は映らないので、隙間が狭くなっているという事は椎間板が潰れていることを意味しています。

椎間板が潰れると神経を圧迫する!!

椎間板が潰れると、背骨の後ろにある神経を圧迫して痛みやシビレが発生するのです。

これがいわゆる「椎間板ヘルニア」といわれる状態です。

椎間板は軟骨のような組織でできています。

軟骨は、皮膚とか骨に比べ回復する速度が遅く、損傷してしまうとなかなか回復しません。

治療には手術や長期間の安静が必要になります。

でも、安心して下さい‼︎

腰痛のない健康な方のレントゲンをとっても背骨の間が狭くなっている人はたくさんいます。

整形外科でこのような診断を受けても、腰回りの筋肉の緊張をとるだけ改善される方がほとんどです。

手術に怯えたり、安静のため仕事を変えなければと悩んだりする前に、整体を受けてみてください。あきらめる前に、もし整体で改善すれば儲けもんと思いませんか?

当院でどのような腰痛治療を行うか、詳しくはこちらをご覧ください

↓↓↓

最新腰痛治療「骨盤と胸郭の対称化」とは!?

 

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・2ヶ月で変わる!猫背改善プログラム 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー