ブログ

坐骨神経痛もヘルニアも、本当の原因はトリガーポイントだった!?

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です!

トリガーポイントという言葉をご存知ですか?

トリガーポイントは痛みの治療をする上で重要な概念です。

もし

「痛い場所を治療してもらったけど効果がなかった…」

「整形外科では原因がわからず何もしてもらえなかった…」

という経験があれば、トリガーポイントが原因かもしれません。

トリガーポイントとは?慢性痛の治療に絶対必要な概念

トリガーポイントとは「痛みの引き金点」という意味で、筋肉にできるコリのようなもので、押さえるとズーンと痛みが広がったり、その部分から離れた場所にいたみが響くポイントです。

このような痛みを関連痛といいます。

トリガーポイントができた筋肉を動かすと、そこに関連した部位に痛みが発生し、さらに悪化すると、動かなくても痛みを出すようになります。

例えば、腰やお尻にトリガーポイントができると、大腿部や足先まで痛みが響くことがあります。

整形外科ではこのような筋肉の痛みには対応してもらえません。

足に響く症状といえば「坐骨神経痛」なので「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の疑い」のような診断を下されます。

しかし、実際はヘルニアでも坐骨神経痛でもないので、リハビリを受けても効果はありません。

トリガーポイントの概念がない整骨院や整体の治療では、痛い場所である脚や足先を治療してもまったく効果はありません。原因は腰やお尻のトリガーポイントだからです。

肩こりや腰痛に悩む方には、ぜひ「トリガーポイント」という概念を知っておいて欲しいと思います。

トリガーポイントの痛みの特徴

トリガーポインントの痛みの特徴としては、

痛む場所は局所的ではなく、なんとなくこの辺りが…といった感じで曖昧な痛み方をします。

トリガーポイントができた筋肉を使うと、「ズーン」とか「ジワーッ」と響くような痛みが広がります。

例えば首ににトリガーポイントができると、腕や肩甲骨の間に嫌な痛みが響いたりしますし、頭に響くこともあり、これが肩こりからくる「緊張型頭痛」の原因になります。

 

トリガーポイントの治療は患者さんと術者のコミュニケーションが鍵

このような痛みの特徴からトリガーポイントが原因ではないかと判断した場合、まずは、トリガーポイントを探し出します

ある程度後発するポイントや痛みのパターンがあり、そのあたりから触診で探っていきます。

原因となるトリガーポイントを探すためには、患者さんの協力も必要で

「そのあたりです」とか「もう少し下かな…」という具合に教えてもらいながら探します。

ちなみに、私の師匠は、トリガーポイントを探す際、患者さんが「そこです…」と言った場合は近い、「それ!」はトリガーポイントであると教わりました。

このように、トリガーポイントの治療には患者さんの協力が必要不可欠になります。

トリガーポイントの治療は当院にお任せください

原因であるトリガーポイントを見つけ出し、しっかりと治療できた時の効果は絶大です。

長年、苦しんでいた頭痛や腰痛・股関節痛が一度の治療で劇的に改善することもよくあります。

豊岡市でトリガーポイントの治療を受けてみたい方はお気軽にお問い合わせください。

詳細はコチラ

↓↓↓

なかなか改善しない慢性痛は「はまがみ整骨院」にお任せ!

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー