ブログ

腕が上がらない、肩がゴリゴリ音がする、その肩痛は猫背が原因かも⁉︎

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です!

 

腕が挙がらない、腕を上げようとすると肩がゴリゴリ音が鳴ったり、痛みが出る。

このような症状で、肩ばかり治療しても改善しない事があります。

なぜなら、これらの症状の原因は「猫背」が原因だからです。

今回はそんな猫背が原因の肩痛について解説します。

猫背が肩の動きを制限することを体感してみよう!

猫背が肩を痛める原因になることを体感していただくために、試しにやってみてほしいのですが、

座った状態で、腕を横から開くように万歳してみましょう。

まずは背筋を丸く猫背にした状態と

背筋をしっかり伸ばした状態

どちらの方が肩があげやすいでしょうか?



おそらく、猫背にしていると、途中で腕が上がらなくなると思います。そこから背筋を伸ばすと問題なく手を挙げる事ができると思います。

次に、背筋は自然な状態で、

親指を天井に向けた状態(肩関節を内側に捻る内旋という動作)

親指を床に向けた状態(肩関節を外側に捻る外旋という動作)

それぞれの状態で、先ほどのように腕を横から万歳してみましょう。

これもおそらく親指を天井に向けて挙上した方が、無理なく腕をあげる事ができるはずです。

ちなみにこの実験はやりすぎると肩を痛めるのでやりすぎに注意!

肩は構造的に猫背だと正常に動かせない

実は、人体は背筋をしっかり伸ばして、胸が開いていないと腕をあげる事ができない構造になっているのです。

背筋を伸ばして、胸を張った状態で腕を上げなければ、肩の関節や筋肉に負担をかけ、やがて痛みが発生します。

これはスポーツ選手が方の痛みを訴えた際に、病院や整形外科で「棘上筋損傷」や「インピンジメント症候群」と診断されますが、一般の方にも非常に多い症状です。

猫背による肩痛はどんな時に悪化するのか?

猫背の方は、背筋か丸まっています。

それと併発して、巻き肩と言って、肩が前へ丸まった状態になっています。巻き肩は先ほどの実験の親指を下にした肩を内旋した動作と状態と同じです。

猫背や巻き肩の状態で腕を上げる作業が多かったりすると、肩に負担をかけ、肩の痛みを発症します。

自分では腕を上げてないと思っても、かがんで作業していると意外と肩に負担がかかる姿勢をとっていることもあって、草むしりがきっかけで発症する例もありました。

あと猫背のスポーツ選手も、投球動作やバレーボールのスパイクの動作などで、発症することも多いです。

痛い状態を放置し、スポーツを続けると肩の筋肉を断裂してしまう事があります。

スポーツ以外でも、猫背の方が、腕が上がらないものだから、自己判断で腕の筋を伸ばそうと「ぶら下がり健康器」でぶら下がった瞬間に断裂した例もありました。

このように、腕を上げると肩に痛みがある、肩だけを治療しても改善しなかった方は、症状が悪化する前に、原因である「猫背」から改善することが必要です。

もし猫背から改善したいとお考えならば当院の猫背改善プログラムがお役に立てます

↓↓↓

2ヶ月で改善!猫背改善プログラムの詳細はこちら

 

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・2ヶ月で変わる!猫背改善プログラム 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

 

 

 

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー