ブログ

野球肘は肘の治療だけしてても治らない‼︎豊岡市でスポーツ障害でお悩みならお任せください!

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です。

今回は野球に多い、肘の痛みについて。

特に肘の治療を受けたにも関わらず改善しなかった方や、野球を頑張っているお子さんを持つ親の方に読んでほしい内容です。

スポーツによる肘の痛みの要因とは?

肘が痛いからといって、肘ばかり治療しても治りません。

患部以外に、痛みを発症させるメカニズムが存在し、そのメカニズムを解消しなければなりません。

肘の痛みを訴える子で、他の治療院で治療を受けたけど改善しなかった症状で、多くに共通するのが「胸郭の硬さ」です。

胸郭とは、胸の背骨である胸椎と肋骨、胸骨などを合わせて胸郭と言います。

胸郭は一つ一つの関節が少しずつ動いて、胸郭全体の運動を行います。

呼吸は胸郭が動ごくことでできるのです。

なぜ、〇〇投手は復活できないのか?

投球時は胸郭がたわむことで、力強く柔軟なピッチングができます。

上の両者の写真を見比べてみましょう。

どちらの投手もメジャーリーグでも活躍した日本人投手です。

Aの選手は、体全体を弓のようにしならせているのがわかります。

Bの選手は、Aの選手に比べ、上体がつったった、いかにも手投げといった感じがわかると思います。

胸郭の硬さが肘に与える影響

この両者の違いは胸郭にあります。

胸郭が硬いと、体全体を弓のようにしならせて使うことができません。

その結果、他の部分で補おうとしてしまします。

投球動作だと、胸郭の硬さを肘や肩で代償し、肘や肩を痛めます。

Bの選手は肘を痛めて、手術をしましたが、その後の投球にはかつての輝きは無く、活躍を目にする機会がほとんどありません。

これは、あくまで私の予想ですが、Bの選手は胸郭の硬さを肘で代償したため、痛めてしまったのだと思います。

肘の手術後も胸郭の硬さは改善されていないので、ここを改善しない限り、復活しないのではと思います。

この肘の痛みが発生するメカニズムは、バレーやテニスのサーブでも同じことが言えます。

豊岡でこれらの障害を改善するなら

治療家は体の痛みの専門家ですが、運動の指導においてはアマチュアです。

運動の指導者は、力強く動く・素早く動くための指導はできますが、痛みが出ないように動く指導はできません。

スポーツでの怪我や障害は、両方の知識が必要なのです。

当院ではスポーツトレーナー、治療家両方の知識を持った専門家が対処します。

これは、おそらく豊岡では当院だけでしょう。

オーバーヘット系のスポーツで肘が痛い方は当院にご相談ください。

↓↓↓

はまがみ整骨院の詳細はコチラをタップ

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー