ブログ

ぎっくり腰の対処法 

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です!

今回は「ぎっくり腰」になった時の心得や、対処法について動画で解説しました

今現在、腰痛ではない人も、ぜひ、突然襲われるかもしれないぎっくり腰の対処法を頭の片隅に置いて置くことをお勧めします!

動画はコチラ

↓↓↓

ぎっくり腰は、海外では「魔女の一撃」と言われています。

突然、なんのまえぶれもなく強烈な腰痛を発症し

数日から2週間ほどで、何事もなかったかのように完治します。

 

 

しかし、もう、メチャメチャ痛いので

はじめてぎっくり腰になった人は

「もう、このまま立てなくなるんじゃないか…」

と不安になるそうです

ですが、安心してください、すぐ良くなります。

 

 

病気からくるヤバイ腰痛の見分け方

でも、ぎっくり腰と思わせて、内臓や背骨の病気だったりするケースもあるので注意が必要です

たとえば、男性なら尿路結石、女性なら腎臓の炎症などがよく、ぎっくり腰と間違われます

そのほかにも、心臓の病気や肝臓の病気でも腰痛が出現するので、注意が必要です

 

 

では、どうやってそれらの病気とぎっくり腰を見分けるのか?

一番気にして欲しいのは、安静にしててもズキズキ痛い場合

例えば、横向きに寝ていて、体を丸める状態を作ると

大概の腰痛は緩和します

しかし、腰痛が緩和する姿勢を取っても痛い

そんな場合は、すぐ病院に行ってください

ぎっくり腰は、骨や筋肉の痛みなので、動作に合わせて痛みが出ますが

内臓の病気は動作と関係なく痛むという特徴があるのです

 

 

そのほかには、内臓に炎症などが起きていれば

発熱しますし、腹痛なども併発します

その場合もすぐに病院へ行きましょう

 

 

 

ぎっくり腰の対処法

そう行った心配がなさそうであれば

とりあえず2~3日、コルセットで腰を固定して安静にしておきましょう

コルセットの巻き方は、少しコツがあって

お腹と骨盤、2箇所に2つのコルセットを巻くと、非常に痛みを抑える効果があります。

完全に痛みがなくなるわけではありませんが

日常生活の動作が少しはやりやすくなるはずです

 

 

 

 

こうやって痛みが引くのを待つか

痛みが少し引いたタイミングで、整体や整骨院などの治療を受けると

治りが早くなります

痛みがつよい発症3日目までは、整体を受けても無効な場合がほとんどなので

コルセットで固定して、痛みが過ぎ去るのを待つようにしましょう!

 

 

 

ということで、ぎっくり腰になっても

激痛は3日ほどで、かなり改善しますので

痛みが引くのを慌てず、待つようにしてください

姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー