整体師視点のストレッチ指導

「ストレッチは息を吐きながら行いましょう」
ストレッチの指導でよく聞く言葉です。”呼吸を止めると筋肉が緊張し伸びにくくなる”という運動生理学的な理屈をもとにしたストレッチの常識です。

このストレッチの常識が正しいか、試してみましょう。
まず立位で前屈をしてみましょう。この時、従来どおり息を吐きながらおこなう方法と、息を吸いながら行う方法、2パターンやってみます。おそらく息を吐きながら行った方が可動域が広くなったと思います。
では、今度は立位の後屈ではどうでしょうか?おそらく息を吸いながら行った方が可動範囲も広く、安定した動作で行えるはずです。

では、なぜ息を吐きながらの後屈動作で可動域が拡がったのか?
ポイントは呼吸筋です。呼吸筋の詳しい説明は省きますが、おおまかに吸気には横隔膜・外肋間筋・胸鎖乳突筋・斜角筋群が働き、呼気には内肋間筋、腹筋群(内・外腹斜筋・腹横筋・腹直筋)が働きます。

後屈動作では腹筋群は腹圧を保ちながら伸張(伸張性筋活動)されます、この時に息を吐こうと努力すると腹筋群は不要な緊張を強いられてしまい、結果後屈動作の制限につながるのではないかと思います。

吸気で行う方が有効なストレッチは意外とたくさんあります。例えば両手を万歳して体全体を伸ばす場合や、股割りなどがそうです。体幹の伸展を伴う動きで、伸ばされる場所が複合的な場合は吸気で行う方が効果的な事が多いです。逆に体幹の屈曲を伴う動きや、筋肉を個別にストレッチする場合は呼気で行う方が適しています。

ご自身で色々なストレッチ方法を吸気・呼気で試してみましょう。呼吸による体の連動を感じ取れるようになると思います。
息を吐いた時に緊張する筋肉と、息を吸った時に緊張する筋肉があり、その筋肉同士がバランスをとり姿勢を支持しています。ただ単に筋肉を弛緩させ、可動域を拡げる目的で行うストレッチと、姿勢を改善し機能的な体にするためのストレッチは違うということを覚えておきましょう。