別名「フローズンショルダー」

四十肩・五十肩はその名の通り、中年以降の方におこる肩の痛みで、腕を上げる事ができず、頭の裏や背中にも手が回らなくなります。
重度の場合、夜間痛や腕を切り落としたくなるぐらいの激痛があります。
別名「フローズン(凍結)ショルダー(肩)」といい、凍りついたように肩が動かせなくなります。
四十肩・五十肩という名称ですが、30代~100歳まで誰でも起きます

治癒に1,2年かかる

ちょっと不思議な疾患で、個人差はありますが1年ぐらい痛みに苦しむ方が多いです。
あるときを境に急に症状が良くなって、何事も無かったように良くなります。
まれに、肩を動かせない期間が長いので、肩の稼動範囲が制限されてしまう人もいまが、基本的には治りやすい疾患です。

ただ、自然に治るのを待つよりも治療をしたほうが治りが良くなります。
治療を受けると夜間痛などの痛みが軽減されますし、直ってから後遺症が残ることも少なくなります。

治療法

急性期の痛みの激しい時期は何をしても良くなりません。
急性期は病院で痛み止めの薬をいただいて、安静にするしかありません。
すこし症状が落ち着いてゆっくりでも肩を動かせるようになったら、積極的に治療と運動をしていくべきです。
四十・五十肩の人は広背筋・大円筋という後ろの脇の部分がガチガチに硬くなっていますので、その辺をしっかりほぐしていきます。
夜間に痛みが出る人は、肩甲骨の裏の棘下筋・小円筋といわれる筋肉をほぐします。この筋が悪くなると腕や肘のほうまでジンワリとした痛みが発生します。

あとは、動かして痛みの無い範囲で運動をして関節が固まらないようにし、自然に回復するのを待ちます。