お尻から足が痺れる坐骨神経痛

お尻や足が痺れる症状を坐骨神経痛といいます。
背骨の腰の部分から神経が出て、束になって脚の裏を通り足先まで繋がる神経を坐骨神経と呼びます。
この坐骨神経の通り道のどこかで障害が発生し痛みや痺れになります。

坐骨神経痛は病名ではなく、症状の名前です。
なぜ坐骨神経が痛むのかを詳しく調べる必要があります。

坐骨神経痛を起こすさまざまな原因

坐骨神経は腰の背骨から出てきます。
この背骨が原因になる坐骨神経痛

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症・すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 変形性腰椎症
    などです。

坐骨神経の通り道で発生する症状は

  • 梨状筋症候群

そのほか糖尿病や血流の不良などでも痺れを起こします。

実は坐骨神経痛のほとんどが小殿筋のトリガーポイント

坐骨神経痛を訴える患者さんは沢山こられます。
しかし上記の狭窄症や変形性腰椎症などが原因であれば、そう簡単に改善したりしません。
でも小殿筋という筋肉をほぐすとかなりの方が改善されます。
画像の説明
小殿筋が悪くなると坐骨神経痛によく似た症状が発生します。
坐骨神経痛と思っていたり、診断を受けても本当の原因が小殿筋のトリガーポイントが原因であることがとても多いので、狭窄症やヘルニアと診断を受けても一度小殿筋をほぐしてみてはいかがでしょうか?