変形性膝関節症とは

別名「OA」といい50歳以上の女性に多い疾患です。
膝の内側が痛く。重症になると正座が出来なくなり、歩くも困難になる人もいます。
膝が外側に変形しO脚といわれる状態になります。

膝痛の原因は軟骨が磨り減るから?

年配の方に多い変形性膝関節症はよく「膝の軟骨が磨り減って痛みが出る」と説明されますが、軟骨には神経が通っていないので痛みは感じません。
以前から、軟骨の磨り減りから痛みが出ているというのは間違いではないか?と言われていました。

膝痛の原因は半月板!

最近、膝痛の原因は半月板ではないかと言われています。
半月板とは膝の関節の中にあるクッション材です。

「割れた半月板が靭帯に合ったって痛む」
「半月板が亜脱臼を起こし痛む」などなどいろんな説が出てきています。
私も「変形性膝関節症の痛みは半月板の小さい損傷が繰り返され発生する」と思っています。

というのは、マックマレーテストといって半月板損傷を手で判断するテスト法をすると多くの方が陽性、つまり半月板損傷の疑いになるからです。

半月板の損傷はMRIなどの画像検査をしないと分からないのですが、スポーツや事故などで膝を痛めたような場合でなければ、ほとんどがレントゲン診断までで、詳しくは検査されません。

症状の軽さから、年齢から来ている痛みと判断されてしまうからです。

半月板は膝の捻じれに弱い

半月板はどうして損傷するのかというと、膝を曲げ、捻じれた状態で体重がかかり損傷します。
スポーツなどで膝を捻り損傷するのですが、筋力が衰え姿勢が崩れると日常生活でも損傷します。

老人の姿勢は腰が曲がり、バランスを取ろうと膝も曲がります。常に半月板に負担をかけた状態になります。その状態で膝が捻る方向に力が入り半月板を損傷します。

半月板は非常に治りが悪く(ほとんど再生しない)痛みをかばい、さらに姿勢を崩し、半月板をさらに痛める、を繰り返すうちにO脚になり老人性の膝痛になるのではないかと考えます。ちなみにO脚で膝の捻じれを強くしてしまい、さらに膝に負担をかけます。

つまり、膝痛を治すには姿勢を改善し、膝を伸ばすことによって半月板にかかる負担を分散するのが痛みの克服にもっとも重要ではないかと考えます。