手首の痛み

「手首の親指側が痛い」→腱鞘炎

20~50代の産後の女性に多く、美容師さんなど手首を良く使う方にも多い疾患です。
赤ちゃんを抱っこしてなる方が多く、いちど痛みが出るとなかなか痛みが引きません。産後は骨盤の調整なども必要な方が多いので、それと一緒にケアされることをお勧めします。

「手のひらの小指側が痺れる」→尺骨管症候群

大工さんのような握り締める動作が多いひとに発症します。小指と薬指が痺れて、感覚がなくなったりします。
手首にできたガングリオンが尺骨神経にさわり発症する人もいるようです。
よく、首のヘルニアなどと間違われて診断される方が多いのでが、簡単な徒手検査法で判断がつきます。

「親指から中指までの手のひらが痺れる」→手根管症候群

手よ良く使う50才代の女性に多い疾患です。親指から中指、手のひらに焼けるような痛み、痺れがあり夜間痛がりいたみで目を覚ますかたもいらっしゃいます。
ボタンの付けはずしなど指先の細かい動作が出来なくなったりします。

「手のひらをつくと手首が痛い」

→転んだりして手首を傷めたものは”手関節捻挫、TFCC損傷、手根不安定症、舟状骨骨折、コーレス骨折”などが考えられます。
特に覚えが無いのに痛むものは”尺骨突き上げ症候群、手根骨のズレ、舟状骨・月状骨の骨折(ずっと以前に骨折しているもの)”などがあります。