指の痛み

「突き指して第一関節が伸びない」→槌指(マレットフィンガー)

ボールをとり損ねた時など、指に急激な力が加わり指の靭帯や腱を損傷したものをつき指と言います。
突き指と甘く見ていると後遺症が残る症状を見逃してしまいます。マレットフィンガーとは指の第一関節の腱が切れていたり、腱の付け根の骨が剥がれてしまいくっつかなくなった状態です。
後遺症を残さないためにも初期の処置が大切になります、突き指をしたら念のためレントゲンを撮ってもいらいましょう。

「何かが引っかかったように指が動かない」→ばね指・弾発指

手をよくつかう中年以降の女性におおい疾患で、朝方に症状が出やすいようです。
症状は指を曲げると伸びなくなったり、伸ばすと曲げれなくなります。
バネがはじけるような動きになるのでバネ指と呼ばれます。

「指や手首が腫れて変形してきた」→リウマチ

手の指の第2・第3関節や手首などさまざまな関節が腫れて痛む疾患で、女性に多い原因不明の遺伝性の病気です。
他の関節炎にくらべ体重がかかっていない関節から症状がでてくることが多いようです。
リウマチを手技療法で治療する事は出来ませんが、変形した関節の周りの筋肉をほぐすと症状が緩和することもあります。上手に症状と付き合っていくようにしましょう

「手の指の第一関節が腫れて変形してきた」→へバーテン結節

手の第一関節が腫れ、痛みがあり、つめも変形してきたらへバーテン結節といわれる症状です。
リウマチと良く似ていますが、手の指の第一関節しか症状が出ません。