肩の痛み


「肩が固まったように動かない・頭を洗うのも痛い」→四十肩・五十肩

40~50歳の中年以降の方が発症する疾患です。詳しくは症状解説の四十肩・五十肩をご覧ください。

「肩の前面が痛い、鞄を持つのも痛い」→上腕二頭筋長頭腱炎

ラケットを使うスポーツや投球動作をおこなうスポーツをする方に多く。肘を曲げてものを持ち上げる動作が多い人もよくこの疾患にかかります。
上腕二頭筋という力瘤の筋肉の腱が使いすぎで炎症を起こし痛みが発生します。
治療法は腱の炎症ですのでしっかり休みテーピングなどで保護すること、上腕二頭筋を柔らかく保つことです。

「ボールを投げると痛くなる、うずく様な痛みが腕まで響く」→棘下筋・小円筋炎

バレーや野球など腕を大きく振り回す動作を行うスポーツをしている方が発症します。インナーマッスルと言われる肩の関節を安定させる筋肉が炎症を起こします。
いわゆるオーバーユース(使いすぎ)なので休むことと、スポーツを復帰するのであればフォームなどを見直さなければなりません。
まれにスポーツをしていない人でも棘下筋・小円筋が凝り固まり腕にうずく様な痛みを出す人もいます。

「肩を挙げる途中が痛い」→インピンジメント症候群

一般的には野球や水泳、バレーやテニスなどオーバーハンドで腕を使う方がよくなる疾患です。特徴として腕を横に上げていくと60度~120度の範囲で痛みが現れます。
棘上筋または肩峰下滑液胞と言われる部分が炎症を起こした状態で、おもに使いすぎで起きます。
安静にしていれば痛みは収まりますが、根本の原因を見極めなければすぐに痛みはぶり返します。
肩甲骨の動きが悪い人、猫背の人が特に発症しやすいので、治療法としては肩甲骨の柔軟性を保つ、猫背などの姿勢改善をしないと根本の改善とはいえません。

肩こりがひどく、腕や手がよく冷えて痺れる」→胸郭出口症候群

なで肩の女性がよくなる症状で、肩から腕や指に掛けだるい、痺れる、むくむ、冷えるなどの症状が現れます。
なで肩の人は動脈の出口が狭くなり、腕に向かう血行が障害されます。そのほか鎖骨の下の筋肉や胸の筋肉が硬くなったり、張った状態になると同様の症状が現れます。
猫背やなで肩を改善すると症状はなくなります。

肩こり

日本で風邪・腰痛についで多い症状です。症状解説の肩こりの項をご覧ください