腕の痛み

「肘から手のひらの小指側が痺れる」→肘部管症候群

大工仕事で肘の曲げ伸ばしをたくさんする方、振動工具を長年使用される方に多い疾患です。外反肘といって肘が外側に曲がった人もなりやすいです。
肘の内側をぶつけると電気が走ったなんて経験はみなさまあるかと思いますが、肘の内側には尺骨神経という神経が走っています。
その神経がなんらかの原因で不具合が起きています。ひどくなると麻痺などの症状も出ますので早めに処置しましょう。

「タオルを絞ると肘の外側が痛い」→上腕骨外側上顆炎

テニスのバックハンドの動作で炎症を起こすことから別名「テニス肘」と言われています。
実際はテニス以外の原因でもおきる非常に多い症状です。
パソコンのキーボードを操作する動作や、手首を良く使う方に多く、日常で酷使するのでなかなか改善しない厄介な症状です。
あと、よく似た疾患で肘筋の炎症や、神経の炎症によって同じような場所が痛みます、なかなか治らない場合はしっかり鑑別し適切に処置しなければなりません。

「肘を曲げて荷物を持つと肘が痛い」→上腕骨内側上課炎

野球やゴルフをする方に多く別名「野球肘・ゴルフ肘」と言われます。
肘の内側が炎症を起こし痛みます。
荷物を持つ仕事など、肘や手首を酷使する方に多い疾患です。
テニス肘は手首をそらす動作、野球肘は手首を曲げる動作を繰り返して起きる使いすぎの痛みです。

「子供の腕をひっぱたら肘が抜けた」→肘内症

2歳から小学校高学年ぐらいまでに多い症状です。子供のうちは肘がまだ出来上がってないので、不意打ちで引っ張ると抜けます。
いわゆる脱臼ですが、簡単にもどりますので早めに受診して整復しましょう。
なかには少し固定が必要な場合もあります。
あと、こどもの腕を引っ張るときは声を掛けてから引っ張ってください。それだけでほとんど防げる疾患です。

「肘を伸ばすと肘の先端が痛い」→上腕骨肘頭カ炎

ハンマーを使うような肘の曲げ伸ばしをする職業の人や、ボクシングや空手などパンチの動作を繰り返す人がなります。
肘を伸ばしきると肘の先端が傷みます。痛いまま無理していると疲労骨折を起こすので早めの受診をお勧めします。