ブログ

豊岡市で肩こりで肩甲骨の痛みでお悩みの方へ、肩甲間部の痛みの原因と治し方

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です!

肩こりは、コリや痛みだけでなく、頭痛や吐き気、腕のしびれなど様々な症状を出します。

今回は、その中でも、背中の肩甲骨の間まで響く肩こりについて、

どうしてコリや痛みが発生するのか?肩甲間部痛の原因や、治し方について解説します。

肩甲骨間の痛みの発生源とは?

肩甲骨の間には、肩甲骨と背骨をつなぐ筋肉「僧帽筋」「菱形筋」さらにその下には背骨を支える「脊柱起立筋」などがあります。

これらの筋肉に疲労が溜まることによって肩甲患部の痛みが発生します。

そのほかには、肩甲間部とは少し離れた、「肩甲挙筋」や「棘下筋」に疲労が蓄積し、痛みが肩甲骨の間に波及することもあります。

肩甲骨の間の筋肉に疲労を蓄積させる原因とは?

これらの筋肉が疲労を蓄積させる原因は「猫背」です。

猫背になると、肩を前に巻き込む「巻き肩」と言われる状態になり、それに合わせ肩甲骨も外へ広がるようになります。

肩甲骨が外へ広がると、背骨と肩甲骨をつないでいる筋肉が引き伸ばされ、それによって疲労を蓄積させてしますのです。

肩甲間部痛の治し方

治療法としては3つの段階があります

1、痛みを発生させている筋肉をほぐす

痛みを発生させる筋肉を見つけるには、肩や首の関節を動かしてみて、痛い動作を確認します。

ある程度痛む場所と痛みのパターンは決まってはいますが、より確実に痛む場所を探すには、実際触って硬い部分を見つけ出し、押してみて症状が再現されるかを確認することが大切です。

痛む場所が見つかれば、その部分を2~3分かけて、じっくり指圧して、筋肉が弛緩するのを待ちます。

これで、大半の痛みは消失します。

一刻も早く痛みを取るてためには、しっかり痛みを出している筋肉をほぐすことが大切です。

2、肩甲骨を動かすセルフケア

肩甲間部に痛みを発生させる筋肉は、ほとんどが肩甲骨に付着する筋肉です。

肩甲骨を動かすことで、血行が良くなり、肩甲間部に痛みを発生させる筋肉の緊張を取ることができます。

3、猫背を矯正し、根本的に改善する

1、2はどちらかというと対処療法です。

そのため、一時的に症状は改善しても、ある程度時間が経つと症状が戻ってきてしまいます。

根本的に改善するためには、やはり原因である「猫背」を矯正することが大切です。

猫背を改善するためには、姿勢を正す意識だけだはほとんど改善しません。

背骨の土台である、骨盤の傾きを調整したり、背骨を支える筋肉を強化しなければなりません。

そこで、当院では、本気で猫背を改善したい方のために「猫背改善プログラム」をご用意いたしました。

猫背を改善することで、肩こりや肩甲骨の間の痛みをはじめ、疲労が蓄積しない体質へ改善することもできます。

↓↓↓

2ヶ月で変わる「猫背改善プログラム」の詳細はコチラ

とにかく今すぐ痛みをなんとかしたい!2ヶ月なんて待ってられないそんな方はコチラをご覧ください

↓↓↓

最短で痛みを改善する整体コースの詳細はコチラ

 


姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー