豊岡市高屋の患者さんからの質問「膝の軟骨のすり減って治せますか?」 | 豊岡市の整体【はまがみ整骨院】骨盤矯正はもう古い!老けない体は股関節で決まる!股関節矯正専門院

ブログ

豊岡市高屋の患者さんからの質問「膝の軟骨のすり減って治せますか?」

タイトル下アイコン

こんにちは!院長の浜上です。

膝の痛みで、50歳以降の女性に多い「変形性膝関節症」。

変形性膝関節症は、整形でのレントゲン検査で「軟骨がすり減ってる」と診断される方も多いですよね。

↓このような質問がありました。

「膝の軟骨がすり減って治せますか?」

今回はこの質問について、お答えしたいと思います。

「膝の軟骨のすり減りは治りません!でも…」

軟骨はほとんど再生しない

軟骨は血管がほとんどなく、血が通ってないのでほとんど再生しません。

ゆっくりとは再生するそうですが、何年・何十年単位です。

なので、テレビのCMでやっているような、サプリメントを摂取して、膝の軟骨が再生して改善を実感する、そのようなことは無いと思っていただいた方がいいです。

軟骨は再生しないなら一生膝の痛みは取れないの?

そんなことはありません!!

整体をすることで、痛みや動きの悪さなどを軽減することは可能ですし、進行を抑えることができます。

なので、軟骨がすり減っているからといって諦めてはいけません!

軟骨がすり減って痛いのであれば、軟骨がすり減るメカニズムを探し出し、解決すればいいのです!

どうして軟骨がすり減るの?

関節は骨と骨の凸と凹の関係で成り立ちます。

凸凹がしっかり噛み合っていれば、関節は正常に動作を繰り返すことができます。

ところが、「何かしらの作用」で関節に歪みが生じると、凸凹の噛み合わせが悪くなり、部分的に無理がかかり関節に摩耗が起こります。

この摩耗こそが、関節の軟骨をすり減らす原因です。

軟骨のすり減りの原因、関節の歪みはどうして起こる?

関節の歪みを生じてしまう、「何かしらの作用」として代表的なのは

・姿勢の悪さからくる膝にかかる重心の偏り

・関節を支える筋肉や筋膜のバランスが崩れ

・扁平足などの足の問題………などなど、様々です。

またこれらが複雑に絡み合っているので、原因を特定することはとても困難です。

とても困難ですが、諦めてはいけません!

原因がわかれば、何かしらの対策が打てるのです。

軟骨は治らなくても、症状は…

 

「軟骨は治らないけど、症状はなんとかなる!」が私の回答です。

軟骨は治らなくても痛みが無くなれば、日常生活を快適にすせます。

だから諦めて欲しくありません!

 

初期の症状は違和感や、軽い痛みを繰り返し程度ですが、変形が進行すると、しゃがんだり、正座ができなくなったり生活に支障をきたします。

さらに悪化すれば、歩くことも困難になります。

変形の進行具合によっては、完全には回復しないかもしれません。

しかし、一つ一つ着実に解決していけば、あなた体の状態での最も良い状態までは回復します。

 

なんども言いますが、一度すり減った軟骨は再生しません。

軟骨がすり減る前に、すり減るメカニズムを解決しておけば、断然膝は長持ちします。

矯正は早ければ早い方がいいのです。

膝に何か症状があって、お悩みであれば、おばあちゃんになった時に後悔する前に、今すぐご連絡ください!

↓↓↓

さらに詳しく膝の治療法について知りたい方はコチラから


姿勢・関節矯正専門院「はまがみ整骨院」 
営業時間
平日9:00~13:00 16:00~20:00 
水曜9:00~13:00
休診日 
日曜・祝日 
〒668-0805  兵庫県豊岡市船町309-2 
☎︎0796-24-5235  
・今すぐなんとかしたい体の痛みはコチラ 
・初めての方へ 
・アクセス 
・患者様のご感想 
・予約フォーム 
・電話でのお問合せ 0796-24-5235
LINE@で予約や問い合わせも受け付けております。お得なクーポンも配信していますので、お気軽に友達追加ボタンからご登録ください
   ↓↓↓↓
友だち追加

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー