ブログ

大切なことをわすれてました…

タイトル下アイコン

 

 

前回、2週間タバタトレーニングで体力つける‼︎と宣言したのはいいのですが、運動指導者の端くれとしてそれだけじゃイカン事に気付きました。

 

なにがイカンのか…

 

それは「測定と評価」がぬけていたのです。

 

 

例えば、2週間やって「前より体力がついた気がします…」みたいな感想を言うだけではただのトレーニング愛好家のブログです。

プロトレーナーがプロたる所以、プロとアマの境界線は「個別性の原則」を理解して実行できているかどうかだと私は考えています。

 

 

トレーニングする上で絶対に忘れてはならない3原理5原則という、基本中の基本の概念があります。

そのなかの「個別性の原則」とは「年齢・性別・運動歴・個人差に合わせたトレーニングをしなさい」という一見あたりまえのお話です。

しかし、トレーニング愛好家や自称トレーナーのイケてない指導者は、自分の経験がすべてで、それを押し付けてしまいます。

プロであれば様々な知識や理論から、クライアントの達成したい、目標に合わせたワークアウトプログラムを提供できてこそのプロだと思います。

その「個別性の原則」を満たすために必要なのが「測定と評価」なのです。

現在の体力を把握せずしてプログラムは組めませんし、測定しなければ成果を把握することもできません。

結果を分析してそれを元にプログラムを修正する、それでこそクライアントが高いお金を出してでも運動指導を依頼する価値があるというものです。

 

 

 

ということで、現在の自分の体力レベルを知るために1500m走ってきました。

ほんとは12分間走しようと思ったのですが、地獄のようにしんどいので、1500m走のタイムから最大酸素摂取量を測る方法を採用しました。

結果…

7分22秒

あかん、プロのトレーナーがどうこうの前に、体力なさすぎる….

まあいいんです、ここからどれだけ伸びるかが大切なのですから。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

WEB限定!インターネット割引実施中!毎月15名、「ホームページを見た」で初診料が無料、ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください

アクセス

はまがみ整骨院

所在地

〒668-0805
兵庫県豊岡市船町309-2

TEL

0796-24-5235

営業日カレンダー